本文へスキップ

 


ご挨拶

1996年の春、つくば市二の宮に小さな産声をあげた音楽教室・・・これがトニカ音楽院の始まりです。

つくば研究学園都市に住居を構え、自身の音楽活動など音楽一色で暮らしていた当時の私にとって、教室経営など全く無縁であり、とにかく全てのことが未経験でありました。
教室をスタートさせて以来<優れた教師のもとで音楽をより深く楽しんで頂きたい>という想いを一貫して抱き続けてきております私が、講師に迎え入れているメンバーは、学友であったり元同僚であったり、門下生であったりと様々ですが それぞれ質の向上や努力を惜しまず、高い志を持っておられる方々ばかりです。

現在 ソルフェージュ・リトミック・ピアノ・リトミックピアノ・バイオリン・ビオラ・チェロ・声楽・作曲・受験指導と多くの受講科目を設けており、体験レッスンや レッスン見学などもございます。
小さいお子様から大人の方まで 先ずはお気軽にお問い合わせ、ご相談頂き、是非一度<トニカ音楽院>に触れてみて頂ければと思います。

最後に、講師をはじめ、生徒の皆さん、ご父兄の皆様、そして教室を始めるにあたりご尽力を頂きました方々に心から感謝致しますと共に、現在も変わらず、教室での指導を通じて音楽に携われております幸せをかみしめながら 、さらなる音楽教室の理想を追い求め、一層の精進をして参りたいと存じます。

    トニカ音楽院 代表 小ア光洋





    TONICA講師陣

教室代表の小アを筆頭に、指導力のある講師が、小さいお子様から受験生・大人の方まで、基礎を大切に音楽を楽しむ心をお育て致します。



小ア光洋
(ソルフェージュ・作曲・音楽理論・和声法・音高音大受験)

桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を経て、桐朋学園大学音楽学部作曲科卒業。

作曲を末吉保雄、川井學の両氏に、ピアノを森安耀子氏、室内楽を平吉毅州氏に師事。
劇団音楽座の草創期に創作ミュージカルに参加。グループゾーン、ダウエルクライス、水戸現代音楽祭実行委員会(現 水現21)、”OTOの会”などを通じて主に室内楽の新作や子供たちのための作品を発表し続ける。
1995年には つくば市で個展を開催。
この10年あまりは、子供達のためのピアノ教材を継続して制作中。
OTOの会”より、ニュアージュU サクソフォン四重奏のために ほかを出版。

桐朋学園大学音楽学部附属「子供のための音楽教室」水戸教室講師、聖徳短期大学付属高等学校音楽科(現 聖徳大学付属高等学校音楽科松戸市)兼任講師などを経て、 現在 聖徳大学音楽学部講師、茨城県立取手松陽高等学校音楽科非常勤講師、茨城県立水戸第三高等学校音楽科非常勤講師、聖徳大学付属取手聖徳女子中学校音楽コース・同高等学校音楽科兼任講師として、作曲実技、ソルフェージュ、音楽理論、和声法、楽式論などを指導。

OTOの会会員。水現21実行委員。日本音楽教育学会会員


幼児から受験生・大人の方まで生徒層は幅広く、当教室の他にも学校出講や自身の作曲活動などの演奏会なども含め多忙な毎日ですが、音楽を教えている充実感を”力”に、フル稼働しています。

ご好評頂いているソルフェージュやピアノ教材は それぞれの生徒に必要に応じ作成しています。
また毎年おこなっている発表会でも 主にキッズ生徒に対して(技法やレベルを考慮した)オリジナル曲を作曲、
曲名は生徒自身につけてもらうという[コラボ]が大人気!!
生徒の気持ちとやる気を引き出すべく様々な観点から、それぞれのゴールへと導いていきます。




平田博通 (アドバンストピアノ・音高音大受験)

桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科(ピアノ専攻)卒業。

ソロ、ピアノアンサンブル、オーケストラとの共演、 合唱、弦楽の伴奏など、多岐に活動する一方、 音楽教室、高校、高等教育機関などで ピアノ実技、ソルフェージュの指導に豊富な経験を持つ。
現在、城西国際大学、聖ヶ丘教育福祉専門学校 ピアノ非常勤講師、桐朋学園大学音楽学部附属「子供のための音楽教室」鎌倉・横浜教室 ソルフェージュ科講師、 一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(PTNA)正会員、 ピティナピアノコンペティション審査員、 同ピア ノステップアドヴァイザー。

著書に・<研究ノート>音楽指導の研究ー指導内容及び教授法ー(共著)「城西国際大学紀要」第19巻第3号
・新しい伴奏による日本の唱歌集(共著)「一般社団法人全日本ピアノ指導者協会 ミュッセ」
・音楽的な音の切り方について「音楽之友社 ムジカノーヴァ2014年3月号 特集記事 審査員が明かすコンクール予選演奏の問題点 解決策2」


ピアノとソルフェージュの指導者として、 一流の現場での長い教授経験をお持ちです。
いつお会いしても穏やかで、どなたにも公平。温厚、誠実なお人柄は 生徒さんはもとよりご父兄の皆様方からも絶大なる信頼を頂いております。

小学校就学前の幼児期の生徒さんから、大人の方に至るまで、そして、専門家を目指す方々を含めて指導されておりますが、 何事にも万全の体制で取り組まれる方ですので常に周囲の厚い信頼を集めておられます。

また、PTNA(ピティナ)という日本最大の指導者集団において コンクールの審査員を務められるなど一指導者としての立場をこえて その実力が認められ、活動の場を広げています。



東 義直(ビオラ・バイオリン)

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部卒業。

ヴィオラ及び室内楽を浅妻文樹、 ウイリアム・プリムローズ氏に 師事。 日本弦楽指導者協会音楽コンクールにおいて特賞、プリムローズ賞受賞、第一位入賞。 卒業後、プリムローズ氏の許研鑽を積む。 東京交響楽団及び新日本フィルハーモニー交響楽団の首席奏者を歴任。 ムジカ・プラクティカのメンバーを努め、TV朝日「題名のない音楽会」Music Today(武満徹監修)等に出演。 サントリー美術館に於ける「音楽文化展」、現在継続中のアンサンブルライン主催「チャリティーコンサート」(フィリピン・ミンダナオ島のストリートチルドレンのために収益金のすべてを寄付)等の演奏並びに 企画構成に携わる。国際交流基金の主催事業でインド、デリー及びコルカタ(カルカッタ)にて演奏。 ペーター・ダム氏、MJQのジョン・ルイス氏等、芸大オケ(現 芸大フィル)、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティー・フィルハーモニック管弦楽団、アマデウス室内管弦楽団、古典音楽協会等と協演する。 創設時から”しもたかフィル”を指導、指揮し、パインフラワー・コーラス、日本大学管弦楽団、プレジールオーケストラ、守谷アンサンブルオーケストラなどのアマチュア団体やプロの集団、銀河管弦楽団を指揮する。 また 一橋大学、福島大学等のオーケストラを指導している。
論文に「Violin,ViolaにおけるVibratoの習得法と指導法に関する一考察」(共著)がある。 兵庫教育大学、福島大学の講師を歴任。アンサンブル・ライン代表。



演奏活動のため、レッスンが不定期になりがちではありますが確実な上達へと導いて下さいます。

とてもフランクなお人柄で、堅苦しさなど感じさせることがない和やかな雰囲気のなかで、弦楽器の魅力を余すことなく教えて下さることと思います。



小林倫子(バイオリン) 

東京藝術大学音楽学部器楽科卒業、同大学院音楽研究科器楽専攻(室内楽)修士課程修了。

4歳からヴァイオリンを始め、川又くみ子、鷲見健彰、沼田園子、久保田巧、松原勝也の各氏に師事。
1991、1994、1996年に全日本学生音楽コンクール東京大会入選、2007年に第1回東京サミット音楽コンクール優秀賞受賞。 1991年から1995年まで開催された水戸芸術館主催「安永徹ヴァイオリン・クリニック」にすべて参加。1993年に「茨城の名手・名歌手たち」に出演。また、1998年、イタリアのベルーノで開催された音楽祭に参加し、研鑽を積む。
これまで、東京や茨城を中心に音楽活動を行っており、イ・ソリスティ・イバラキ室内合奏団、ひたちなか市民オーケストラらと共演、また自身の室内楽コンサートを開催し好評を博している。
2012年からはイ・ソリスティ・イバラキ室内合奏団にてコンサート・ミストレスを務める。


高い技術と高い指導力を持ち合わせた 穏やかで温かみのある素敵な方です♪

イ・ソリスティ・イバラキ室内合奏団にてコンサート・ミストレスをお務めになられている小林先生・・実力と経験と人格を兼ね備えた方だからこそ安心して御受講頂けます。

”うちの子・・元気が良すぎるから心配で・・”なんて言うお母様 安心して下さい! 小林先生のご指導なら心配は吹き飛びますから。

もちろん小さなお子様に限らず、受験生・大人の方まで御受講可能です♪






加藤英子(ピアノ)

武蔵野音楽大学 ピアノ科卒業。

奥村洋子 小保内恭子 奥村一 石川哲郎 ヨセフモルナール 各氏に師事。
読売新聞主催コンセールアミコンクールにて入賞。都内にてリサイタル、室内楽等に出演。
元聖徳大学附属聖徳高等学校音楽科講師。現在 聖徳大学附属取手聖徳女子高等学校音楽科附属音楽教室講師。



ピアノ指導の良さと安定感をまさに感じさせてくれる先生です。

明確な音楽を示し、導いていく説得力や情熱は 豊富な経験に裏打ちされており、各コンクールに多くの入賞者を送り込んでいる実績もお持ちです。

生徒さんお一人お一人を大事に、愛情深く、じっくり時間をかけて育てて下さいますので、初心者の大人の方でも安心してご受講頂いております。

厚い信頼感と安心感でファンが多くいらっしゃいます。





浅野祥子(声楽) 


国立音楽大学音楽学部声楽学科卒業。

同大学 学内演奏会、卒業演奏会に出演の他、茨城県芸術祭県民コンサート(T)に出演。
2010年アジア国際音楽コンクール第2位、第15回日本演奏家コンクール特別賞受賞。

声楽を伊崎Y子、岩崎由紀子の各氏に師事。
現在、聖徳大学附属取手聖徳女子中学校・高等学校兼任講師。


トニカの歌姫は、とても朗らかで明るく社交的♪
いつも明るい笑顔で迎えて下さり、声楽家の華やかさと浅野先生のおおらかな お人柄からも人気の先生です。
指導者としての責任感の強さや担当される生徒さんへの心配りなどからも信頼が厚く、趣味の方から、受験生まで、安心してお任せ頂いております。

”歌を歌うって こんなに楽しい!” ”歌うって こんなに素敵なこと!”・・・って感じさせて下さいますよ!



鮎川真里(ピアノ・リトミックピアノ・リトミック)

茨城県立取手松陽高等学校音楽科卒業。

武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。

リトミック研究センター認定 指導資格取得。
現在、柏少年少女合唱団 指導スタッフ。 柏少年少女合唱団併設 親子リトミック教室「ピッコリーニ」指導。


リトミック指導資格も取得している鮎川先生。
通常のピアノレッスン指導の他に、リトミック要素を取り入れた[リトミックピアノレッスン]や [リトミッククラス] も担当してもらっており、大変人気を頂いています♪

信念をしっかり持ち、気持ちの良いくらいテキパキとしたメリハリのある信頼できる先生です♪

かわいいベビーちゃんから、シャイなキッズ・パワフルキッズまで、小中高生の皆さんお待ちしています!



岡部恵理(チェロ)

桐朋学園大学音楽学部卒業。

土肥敬、毛利伯郎、小川和久、江口心一、各氏に師事。
オーケストラ客演、ミュージカルライブサポート等 ジャンルを問わず幅広く活動。


国立大学医学部看護学科に籍を置きながらも音楽の道にシフトした異色の経歴をお持ちの先生です。

子ども達のイベントリーダーとしての経験が存分に活かされている幼児レッスンでは先生・生徒さんともに楽しそうなお声が聞こえてきます。

透明感のある素敵な岡部先生ですが、何よりも あの飾らないナチュラルなお人柄が、幼児から大人の生徒さん、ご父兄の皆様まで人気を頂いている証なのだと思います

藤井瑛子(ピアノ)

東京藝術大学音楽学部
楽理科卒業。
卒業時、アカンサス音楽賞受賞。

ピアノを生出寛子、上仲典子、米元えり の各氏に師事。 また、音楽学を 中内詢子、寺本まり子、大角欣矢の各氏に師事。

ピアノソロやピアノアンサンブルでのコンサート出演、ミュージカルの音楽監督などを手掛ける。

ピアノジョイントコンサートの会「萌」、アンサンブルグループ「Musique Jouer」メンバー。

2017年2月より新講師としてお迎えした藤井先生です。
お写真の印象のままの柔らかで温かみのある とても礼儀正しい素敵な先生です。

ずっと講師をお願いしたかった方なので、この度講師お引き受け頂けて とても嬉しい春となりました♪

そんな素敵な藤井先生のレッスンを是非 御受講下さいませ!